社長紹介

プ ロ フ ィ ー ル

株式会社木輪 代表取締役 芳野 栄

昭和26年9月17日生まれ。

昭和50年3月 関西大学工学部化学工学科卒業

昭和50年4月 東洋ゴム工業(株)入社

昭和61年3月 同社退社

同  4月より 2年間兵庫県西宮の「香緒寿(かおす)」で製パン修業

昭和63年9月 北九州市八幡西区萩原にて まごころを贈る「木輪」オープン

平成4年7月 法人化、有限会社木輪設立

平成14年11月 北九州市八幡西区永犬丸にて新店舗オープン

平成17年2月 北九州リビング「わが街いい店大賞」受賞

平成17年4月 株式会社木輪組織変更

平成17年4月 福岡ひびき経営者賞受賞


「木輪」の経営者として26年の年月を経て24名のスタッフと共に現在120種類以上のパンの創作を手がける。また思いやりを大切にし、"明るい、楽しい、仲良い、活々とした職場"の実現に向けて、スタッフと共に奮闘中。

ご 挨 拶

 

木の年輪のごとく26年の月日を積み重ねてきたものがいま形になり、この場を通じて新たなビジョンの実現を日々心がけています。

 

現在、パン屋は街のいたる所にあります。

○おいしい ○安全 ○焼きたて のパン屋は当たり前の時代になりました。

 

これからのパン屋そして「木輪」の目指すパン屋は、プラス「こころ」です。

思いやりの心溢れる雰囲気づくりを心がけています。

 

目には見えないハートが、その場を創り、おいしいパンを造り、その「こころ」を通じてお客さまと繋がっていきます。

 

1.私の夢のひとつに「木輪」のスタッフが立派なパン職人として独立すること願っています。そのためには夢にむかって一歩一歩努力し続けることです。

夢のないところには成長はありません。

   

2.新店舗のスペースを地域のコミュニケーションの場として提供するなどで地域社会に役立つ店になることです。例えば次のような事を実施していきたいと思っています。


イベント実績

「2011年木輪deクリスマス」

12月18日(日) 木輪カフェコーナーにて 、親子参加型クリスマスイベント「2011年木輪deクリスマス」を開催しました。小学校低学年までのお子様と保護者の親子8組の方が抽選で当選し参加されました。


「手ごねライ麦パン教室」 

2011年9月18日(日)に創業23周年記念イベントとして、“手ごね”でつくるライ麦パン教室を木輪スタッフが企画・開催いたしました。当日は12人のお客様と7人の木輪スタッフが参加し、手ごねのライ麦パンづくりに挑戦しました。


「ドイツパンとワインでランチ」

2011年5月15日(日) 木輪カフェコーナーにて、ドイツパンの魅力を知っていただきたくて、開催しました。ドイツパンをテーマに、ドイツパンの魅力話やパンを使ったランチをご用意しました。


「木輪DEモーニング」

2008年9月21日(日) まごころを贈る木輪にて、初のイベント「木輪DEモーニング」という朝食会を開催いたしました。早朝より雨が降り続き、足元の悪い中お集まりいただき、とても楽しい朝食会となりました。


「パンと絵本でピクニック」

2007年11月4日(日)永犬丸中央公園の広場にて、おはなしクラブひよこの松岡さんをお招きして、絵本の読み聞かせ、オカリナ演奏、手遊びなどを楽しみました。

レクレーションでは、「世界がもし100人の村だったら」ワークショップとフォークダンスを踊り、参加者の皆様とふれ合うことができました。


「ソプラノ独唱とパーカッションアンサンブルの夕べ」

2006年10月8日体育の日、黒崎コムシティ子どもホールにて、ソプラノ 山崎真理子、ピアノ黒崎愛、パーカッションアンサンブル「プリズム」を迎え、皆で童謡を歌いました。


「パンと落語の夕べ」

2005年9月18日(日)黒崎コムシティ子どもホールにて、福岡大学落語研究会OBの方々の「落語」を開催しました。約120名の方々に参加いただきました。 


「パンとワインとフォーキーソウルのゆうべ」

2004年10月11日、木輪カフェコーナーにてパンにぴったりなワインを味わいながら、素敵なミニコンサートが催されました。

・美味しいパンの食べ方の提案


・小学生対象 子供パン教室

将来職業選択の際にパン職人という道もあることを体験してもらう場の提供。

これからも、創作・まごころ・感謝の「木輪」を御愛顧くださいますようお願いいたします。

芳野 栄